吉田 玄 (よしだ げん)
1996年2月14日生まれ。

聴覚障害やアスペルガーを持っています。

小さいときから動物が大好きです。とくにゾウさん、馬やワンちゃんが好きです。

あちこちの動物園に行って、何時間もゾウを見ることがあります。

そして高校のときは障害者乗馬センターでボランティアとして馬や小動物のお世話をしました。

大人になった今でも動物好きは変わらなく、米国の有名なカリスマドッグトレーナー『シーザー・ミラン』の影響でドッグトレーナーになりたくて資格を取得しました。(動物取扱業許可がとれたら始めるつもりです。)

2021年夏、アニマルコミュニケーションを学ぶ。

資格

東京都食品衛生責任者

一般社団法人 日本ペット技能検定協会『ドッグトレーニングアドバイザー』

一般社団法人 日本キャリア教育技能検定協会『ドッグトレーナー』マスターライセンス

ぞうさんの村
ゾウの楽園

2012年  八王子市障害者文化展「感じたままに伝えたい」に出展、八王子市長賞を受賞
2012年~ 東京、高尾八王子を中心にイラスト活動スタートさせる
2013年  多摩東京日報に掲載される
2015年  NHKおはよう日本にて放映される
2015年  Gallry AYAHAにて展示会
2016年  タウンニュースに掲載される

近日Kindle 発売予定

『涙があふれる 3匹の犬のものがたり』

『マリヤの風』アニマルコミュニケーターの山崎りえさんが

実際に3匹のワンちゃんとお話しして、彼らが語ってきた物語です。

数年前に絵を描いてほしいと頼まれ、一生懸命に描きました。

この子たちの存在を通じて、殺処分、生体販売など人間の都合で犠牲になった犬がいなくなる日を願います。

アニマルコミュニケーションは子供の時にテレビで見たことがあって、いつかぼくも動物とお話ししたいなと思う時期もありました。

それまでに本を買ってやり方を見て試しにやってみましたが、なかなか難しくてあきらめました。

でもある日、山崎さんがセミナーをやってることを知り、アニマルコミュニケーションを教わることができました!

練習を重ねるにつれて、動物たちから送られてくるメッセージを少しずつ受け取り、お話しできるようになりました。

これからもどんどん話せるようになって、動物たちのカウンセリングや犬の問題行動の根本的原因の解決につなげていくのが夢です。

 

 

 

 

 

 

母からのメッセージ

ハッピーエレファントは聴覚障害と発達障害をもつ息子が小さいときから大好きだった
「ぞうさん」のイラスト活動です。
彼が小さいころの私の気持ちを思い出した時、まさか一緒に彼のイラスト活動を
親子で楽しんでいることなんて想像もつきませんでした。

ほんとうにいろいろあってたくさん悩みました。
イラスト活動はすごく楽しくてしあわせを感じています!
でも今活動を通して
聴覚障害があるゆえに
日本語で会話できるようになるまで「絵筆談」をしていたという事
それは「お互い伝える」ために必要だったから親子でやってきたこと
発達障害があるゆえに
とことん彼が好きな事を貫いてきているという事
それが今につながっているのかなと思います。

彼が描いた絵をお客さんが心から喜んでくださったとき、
その出店のおかげですばらしい人々と繋がりあえた時
私は息子のことを「すごいなあ」という尊敬の気持ちと感謝の気持ちを持ちます。